糸満ハーレー(ハーリー)2015年の開催日や観覧席情報など

海人(うみんちゅ:漁師)の町 糸満では、
旧暦の5月4日(ユッカヌヒー)に伝統の「糸満ハーレー」が行われます。
2015年の今年は、6月19日(金曜日)!海の男たち、迫力満点です。

糸満ハーレー
出典:沖縄タイムス公式動画チャンネル

450年以上もの歴史があり、糸満市の無形文化財にも指定されている糸満ハーレーは、
地元3村の海人たちによる、海の恵みへの感謝と大漁、航海安全祈願のハーレー舟競漕で、
那覇ハーリーと同様に代表的な海の行事です。

那覇ハーリーは、「ハーリー」ですが、
糸満はハーリーではなくて方言読みで「ハーレー」という言葉を守っているんですね。

 
多くの漁業の町では今でも旧暦でいろんな行事が行われている所はあり、
お正月も旧正月を祝う所が多いようです。
子ども達のおとしだまも、旧正月にもらうそうです^^

2014年の糸満ハーレーの様子や、
2015年の行事内容などを書いていきたいと思います。

 
スポンサードリンク

2015年糸満ハーレーの開催日・駐車場など

◆ 開催日程・詳細 ◆

日程:2015年 6月19日金曜日
時間:9時00分~15時30分ごろまで
会場:糸満漁港中地区(糸満ロータリーから西へ100m)
住所:沖縄県糸満市字糸満630-1
問い合わせ:098-992-2011(糸満ハーレー行事委員会)
 
臨時駐車場:糸満漁港北地区と糸満市役所で、そこからシャトルバスで会場に行きます。
ハーレー会場周辺は、交通規制がありますので、注意ですよ!
 
糸満ハーレーがゆったりと観覧できる「有料席」もあります。
出入りが自由の観覧席を90席・・2,000円
お問い合わせ:糸満市観光協会 : 098-840-3100

糸満ハーレー公式・関連サイト

ハーレーの全体の様子をゆっくり見る事ができる「観覧席」はいいですね。
この観覧席は、10時から16時まで出入りが自由とうのも魅力。

また、午前中だけの観覧席も30席あって、こちらは1000円だそうです。
気になるかたは、早めに糸満市観光協会にお電話して下さいね!

⇒ 糸満市観光協会公式サイト

2014年糸満ハーレーの動画で様子をチェック!


出典:沖縄タイムス公式動画チャンネル

毎年3万人もの観光客が訪れるという糸満ハーリーの特徴として、
「御願バーレー」「転覆競漕」「上イバーレー」「アヒル取り競争」など見どころも多いのですが、なんといっても、手漕ぎのあの迫力はスゴイです。

 
糸満ハーレーの鐘がなったら梅雨が明ける・・とも言われています。
今年は梅雨入りが5月20日と遅かったので、梅雨明けはいつごろになるかな?という感じですが、ハーレーが終わったころから太陽の陽射しも強くなってくるのでしょう。

また同日に、(ヨッカヌヒーだから当然なのかも知れないのですが)
名城ハーリーや、喜屋武ハーリーも各地で行われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る